ホームページTOPへ


トピックス一覧

タイムワープが優勝――香港カップ (12/10)
10日に香港のシャティン競馬場で行われた香港カップ(GⅠ、芝2000m)は、香港調教馬タイムワープ(セン4歳、A.クルーズ厩舎)が優勝した。 続きを読む
ビューティージェネレーションが優勝――香港マイル (12/10)
10日に香港のシャティン競馬場で行われた香港マイル(GⅠ、芝1600m)は、リョン騎手が騎乗した香港のビューティージェネレーション(セン5歳、J.ムーア厩舎)が優勝した。 続きを読む
ミスタースタニングが優勝――香港スプリント (12/10)
10日に香港のシャティン競馬場で行われた香港スプリント(G1、芝1200m)は、ローウィラー騎手騎乗の地元香港馬ミスタースタニング(セン5歳、J.サイズ厩舎)が優勝した。 続きを読む
ハイランドリールが優勝――香港ヴァーズ (12/10)
10日に香港のシャティン競馬場で行われた香港ヴァーズ(GⅠ、芝2400m)は、ムーア騎手騎乗のハイランドリール(牡4歳、愛、A.オブライエン厩舎)が2番手追走から4角で先頭に立ち、後続の追撃を振り切って優勝。 続きを読む
吉田豊騎手が頸椎骨折 (12/9)
12月9日の中山競馬第5Rでビクトリーモーンが4コーナーで急に外側に逃避し、同馬に騎乗していた吉田豊騎手(42歳、美浦・フリー)が落馬した。 続きを読む
高倉稜騎手がJRA通算200勝達成 (12/9)
9日の阪神競馬第5Rでベルガドが1着となり、高倉稜騎手(26歳、栗東・フリー)が、現役61人目となるJRA通算200勝を達成した。 続きを読む
騎手記録達成あと少し (12/8)
川島信騎手(栗東)通算300勝あと1勝。 続きを読む
調教師記録達成あと少し (12/8)
尾形充師(美浦)通算800勝あと2勝。 続きを読む
キタサンブラックが第1位――有馬記念ファン投票最終結果発表 (12/7)
12月24日に中山競馬場で行われる有馬記念のファン投票最終集計が12月7日、発表された。 続きを読む
坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績――12月7日 (12/7)
オーストラリアに渡航している坂井瑠星騎手(20歳、栗東・矢作厩舎所属)は12月7日、オーストラリアのカイントン競馬場で一般レース2鞍に騎乗し、9着(11頭立て)、8着(8頭立て)だった。 続きを読む
戸崎圭太騎手は第7位タイ――香港騎手招待競走 (12/7)
12月6日(水)に香港のハッピーバレー競馬場で行われた「2017ロンジン・インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ」に戸崎圭太騎手(37歳、美浦・田島俊厩舎所属)が出場し、第7位タイ(12人中)だった。 続きを読む
平成30年度の調教師試験合格者発表 (12/7)
JRAは7日、平成30年度の調教師試験の合格者を発表した。 続きを読む
ベルーガが骨折 (12/6)
今年のファンタジーS(GⅢ)に優勝し、阪神JFに出走予定だったベルーガ(牝2歳、栗東・中内田厩舎)が、左第3足根骨板状骨折を発症していることが判明した。 続きを読む
坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績――12月6日 (12/6)
オーストラリアに渡航している坂井瑠星騎手(20歳、栗東・矢作厩舎所属)が12月6日、オーストラリアのベンディゴ競馬場で一般レース1鞍に騎乗し、11着(11頭立て)だった。 続きを読む
平野優騎手が引退 (12/6)
平野優騎手(27歳、美浦・二ノ宮厩舎所属)が12月31日をもって騎手を引退する。 続きを読む
アンドレア・アッゼニ騎手が騎手免許取消し (12/6)
JRAは12月4日、アンドレア・アッゼニ騎手(26歳、イタリア国籍)が本人の都合により短期騎手免許を12月4日付で取り消したと発表した。 続きを読む
社台SSが2018年シーズン種付料決定 (12/6)
ワールドクラスの種牡馬を数多く管理する安平町の社台スタリオンステーションはこのほど、2018年シーズンの種付料を発表した。 続きを読む
JBBA第3回担い手研修 (12/6)
JBBA日本軽種馬協会による「第3回担い手研修~軽種馬生産の担い手を対象とした経営支援に係る研修~」が10月26日、新ひだか町の日高生産連ビルで開催され、出席した牧場後継者ら約60名が軽種馬経営の財務管理と取引に係る法律問題について知識を習得した。 続きを読む
胆振獣医師会講習会、開催 (12/6)
苫小牧市の日胆農業会館で10月27日、胆振獣医師会馬部会による「産業動物(馬)講習会」が開催され、出席した約200名の獣医師らが「馬の分娩と周産期(新生仔馬)疾患」をテーマにした講演や意見交換を行った。 続きを読む
シュヴァルグランがジャパンC優勝 (12/6)
11月26日に東京競馬場で行われたGⅠジャパンCにおいて、シュヴァルグラン(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎、父ハーツクライ)が待望のGⅠ制覇を果たし、母のハルーワスウィートの産駒は、2013年、14年のGⅠヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナ、16年のGⅠ秋華賞を制したヴィブロスに続く、3きょうだいJRAGⅠ制覇を成し遂げた。 続きを読む
1~20件 / 100件
 [ 前の20件 次の20件 ]