ホームページTOPへ


タイムワープが優勝――香港カップ
2017年12月10日 18時 0分
10日に香港のシャティン競馬場で行われた香港カップ(GⅠ、芝2000m)は、香港調教馬タイムワープ(セン4歳、A.クルーズ厩舎)が優勝した。タイムワープは出負けをダッシュで挽回すると、内の馬が行く気を見せなかったため1角では単騎ハナへ。前半をスローで凌いで徐々にペースを上げ、直線で後続を突き放した。勝ち時計は2分01秒63。現地、日本国内とも1番人気のワーザーが2着。日本調教馬は3着のネオリアリズムが最先着。ステファノスが4着、スマートレイアーが5着という結果だった。

最新トピックス

タイムワープが優勝――香港カップ (12/10)
ビューティージェネレーションが優勝――香港マイル (12/10)
ミスタースタニングが優勝――香港スプリント (12/10)
ハイランドリールが優勝――香港ヴァーズ (12/10)
吉田豊騎手が頸椎骨折 (12/9)
高倉稜騎手がJRA通算200勝達成 (12/9)
騎手記録達成あと少し (12/8)
調教師記録達成あと少し (12/8)
トピックス一覧