ホームページTOPへ


マーベラスサンデーが死ぬ
2016年 6月30日 18時48分
97年宝塚記念(G1)に優勝したマーベラスサンデー(牡24歳)が6月30日の朝、老衰のため死んだ。通算成績は15戦10勝。重賞は上記と96年京都大賞典、97年大阪杯(G2)、96年エプソムC、札幌記念、朝日チャレンジC(G3)の計6勝。同馬は引退名馬繋養展示事業の助成を受け、北海道日高郡新ひだか町の織田米晴氏の牧場にて繋養され余生を送っていた。
織田米晴氏:皆様の支援のおかげで、これまで余生を過ごさせていただきました。多くのファンが全国から会いに来てくれていたので残念でなりません。応援してくださった方々に、この場を借りてお礼申し上げます。

最新トピックス

マーベラスサンデーが死ぬ (6/30)
モンドクラッセの次走はエルムS (6/30)
ドゥラメンテが引退、種牡馬に (6/29)
ジャパンジョッキーズC2016の出場騎手が決定 (6/29)
ドゥラメンテはNFしがらきで経過観察 (6/29)
有馬記念の枠順は12月21日(水)に発表 (6/29)
日本国内で凱旋門賞の勝馬投票券を発売 (6/29)
メジロライアン納骨式、横山典騎手らが別れ (6/26)
「HBAサマーセール」5日間開催に (6/26)
ノーザンホースパークで「内国産乗用馬市場」開催 (6/26)
トピックス一覧