ホームページTOPへ


「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」の最終結果
2018年 2月18日 15時 4分
16年9月に創設された日本馬を対象としたケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」は、スマハマ(牡3歳、栗東・高橋亮厩舎)が1位を獲得した。スマハマは、5月5日にアメリカのチャーチルダウンズ競馬場で行われるケンタッキーダービー(GⅠ、ダート10F)に出走することができる。上位4頭は以下の通り。
1位スマハマ(牡3歳、栗東・高橋亮厩舎)
2位ルッジェーロ(牡3歳、美浦・鹿戸雄厩舎)
3位タイキフェルヴール(牡3歳、栗東・牧浦厩舎)
4位ルヴァンスレーヴ(牡3歳、美浦・萩原厩舎)
※ポイント4位の馬まで上位の馬の辞退による繰上げで出走可

最新トピックス

ダノンプラチナが引退、種牡馬に (6/20)
坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績――6月20日 (6/20)
富田暁騎手のフランスでの騎乗成績 (6/20)
大下智騎手が引退 (6/20)
坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績――6月17日 (6/17)
坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績――6月16日 (6/16)
須貝尚介調教師がJRA通算300勝達成 (6/16)
野中悠太郎騎手のアイルランドでの騎乗成績――6月15日 (6/16)
野中悠太郎騎手のアイルランドでの騎乗成績――6月14日 (6/16)
トピックス一覧