ホームページTOPへ


セダブリランテスが骨折
2018年 1月19日 9時34分
本年の中山金杯(GⅢ)などに優勝したセダブリランテス(牡4歳、美浦・手塚厩舎)は、左トウ骨遠位端骨折を発症していることが判明した。今後は6カ月以上の休養を要する見込み。

最新トピックス

セダブリランテスが骨折 (1/19)
マカヒキが骨折 (12/22)
ファンディーナが骨折 (12/20)
ロサギガンティアが競走能力喪失 (11/16)
ツクバアズマオーが骨折 (11/16)
アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎を発症 (9/14)
アドミラブル脚部不安で休養へ (8/10)
ゼーヴィントが骨折 (7/13)
コパノリッキーは帝王賞回避 (6/21)
クラレントが右前浅屈腱炎を発症 (6/14)
トピックス一覧