ホームページTOPへ


西園正都調教師がJRA通算500勝を達成
2017年 6月18日 13時47分
6月18日の阪神競馬第6Rでアンデスクイーン(牝3歳)が1着となり、同馬を管理する西園正都調教師(61歳、栗東)が98年3月7日の管理馬初出走以来5909戦目でJRA通算500勝を達成した。重賞はタムロチェリーで01年阪神JF、エイシンフォワードで10年マイルCS、サダムパテックで12年マイルCSを制するなどGⅠ3勝を含む27勝。
西園師:開業して約19年と4カ月で500勝を達成することができました。理解ある馬主さん、ファンの皆様、私の考えを理解してくれる厩舎スタッフ、マスコミの皆様のおかげです。これからも更に精進して、記録よりも皆様の記憶に残るようにしていきたいです。

最新トピックス

吉田豊騎手が頸椎骨折 (12/9)
高倉稜騎手がJRA通算200勝達成 (12/9)
騎手記録達成あと少し (12/8)
調教師記録達成あと少し (12/8)
坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績――12月7日 (12/7)
戸崎圭太騎手は第7位タイ――香港騎手招待競走 (12/7)
平成30年度の調教師試験合格者発表 (12/7)
坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績――12月6日 (12/6)
平野優騎手が引退 (12/6)
アンドレア・アッゼニ騎手が騎手免許取消し (12/6)
トピックス一覧