ホームページTOPへ


アロゲート首位守る
2017年 8月12日 9時24分
8月11日、IFHA(国際競馬統括機関連盟)より本年1月1日から8月6日までのロンジンワールドベストレースホースランキングが発表された。新たな対象はホイットニーS、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスSなどで120以上の38頭が掲載された。1~3位は前回7月14日発表から変わらずアロゲート(134)、ウィンクス(132)、ガンランナー(127)の順。3位ガンランナーはホイットニーSを5馬身以上の差で勝利したことで125→127に上がった。キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスSでハイランドリール、ジャックホブス(ともに123で6位タイ)、ユリシーズ(121で14位タイ)などに完勝した3歳牝馬イネイブルが126を得て4位タイへ(前回は121で12位タイ)。同馬はこれでGⅠ3連勝となった。日本調教馬は前回と同じ4頭が掲載され、キタサンブラックとサトノクラウンが121で14位タイに、レイデオロとサトノダイヤモンドが120で21位タイ。

最新トピックス

アロゲート首位守る (8/12)
フランス遠征馬2頭は19日に出国 (8/11)
有名種馬場が種牡馬見学を解禁 (8/6)
シンボリクリスエスが10年連続JRA重賞制覇 (8/6)
ノーザンホースパークに銅像「あたたかい北風」設置 (8/6)
馬産地の要望をまとめる、「軽種馬生産構造改革推進会議」開催 (8/6)
産地・ホッカイドウ競馬支援を承認、日高軽種馬推進協が総会開催 (8/6)
IBAが『2017年生産馬名簿』発刊 (8/6)
トピックス一覧