ホームページTOPへ


マイル王サダムパテックが韓国へ輸出
2016年 1月17日 18時31分
2012年のマイルチャンピオンシップ優勝馬で、昨シーズンから新冠町の優駿スタリオンステーションに繋養されていたサダムパテック(牡8歳、父フジキセキ)が、今シーズンから韓国で種牡馬生活に入ることが決まり1月11日、輸出検疫のため白老町のJBBA日本軽種馬協会胆振輸出検疫施設へ移動した。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

最新トピックス

1位はキタサンブラック――宝塚記念ファン投票第1回中間発表 (5/25)
JBC協会協賛、「HITスタリオンシリーズ」は29競走 (5/21)
2017年2歳新種牡馬の初勝利はストロングリターン (5/21)
『牧場地図2017』&『牧場見学のルール&マナー』発行 (5/21)
天皇賞馬ヤマニンゼファーが死亡、29歳 (5/21)
種牡馬ディープインパクト、産駒のJRA通算勝利数単独7位に (5/21)
エピカリスは31日に出国――ベルモントS (5/19)
ヤマニンゼファー死す (5/17)
トピックス一覧