ホームページTOPへ


マイル王サダムパテックが韓国へ輸出
2016年 1月17日 18時31分
2012年のマイルチャンピオンシップ優勝馬で、昨シーズンから新冠町の優駿スタリオンステーションに繋養されていたサダムパテック(牡8歳、父フジキセキ)が、今シーズンから韓国で種牡馬生活に入ることが決まり1月11日、輸出検疫のため白老町のJBBA日本軽種馬協会胆振輸出検疫施設へ移動した。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

最新トピックス

エイシンヒカリがイスパーン賞を圧勝 (5/25)
「千葉サラブレッドセール」開催、売却総額8億円超を記録 (5/22)
『牧場地図』&『牧場見学のルール&マナー』発行 (5/22)
社台SS売店「ショップオンザグリーン」が営業スタート (5/22)
フジキセキが17年連続JRA重賞制覇 (5/22)
ラニは5着――プリークネスS (5/22)
レッドディザイアが急死 (5/21)
短期免許制度見直しへ (5/20)
トピックス一覧