ホームページTOPへ


マイル王サダムパテックが韓国へ輸出
2016年 1月17日 18時31分
2012年のマイルチャンピオンシップ優勝馬で、昨シーズンから新冠町の優駿スタリオンステーションに繋養されていたサダムパテック(牡8歳、父フジキセキ)が、今シーズンから韓国で種牡馬生活に入ることが決まり1月11日、輸出検疫のため白老町のJBBA日本軽種馬協会胆振輸出検疫施設へ移動した。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

最新トピックス

ドゥラメンテはNFしがらきで経過観察 (6/29)
有馬記念の枠順は12月21日(水)に発表 (6/29)
日本国内で凱旋門賞の勝馬投票券を発売 (6/29)
メジロライアン納骨式、横山典騎手らが別れ (6/26)
「HBAサマーセール」5日間開催に (6/26)
ノーザンホースパークで「内国産乗用馬市場」開催 (6/26)
JRA日高育成牧場で「育成技術講習会」開催 (6/26)
94頭が登録、JRA第2回北海道地区産地馬体検査 (6/26)
G3勝ち馬ヘニーハウンドが優駿SSで種牡馬入り (6/26)
せりカタログが完成 (6/26)
トピックス一覧