ホームページTOPへ


マイル王サダムパテックが韓国へ輸出
2016年 1月17日 18時31分
2012年のマイルチャンピオンシップ優勝馬で、昨シーズンから新冠町の優駿スタリオンステーションに繋養されていたサダムパテック(牡8歳、父フジキセキ)が、今シーズンから韓国で種牡馬生活に入ることが決まり1月11日、輸出検疫のため白老町のJBBA日本軽種馬協会胆振輸出検疫施設へ移動した。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

最新トピックス

日本騎手クラブが福島県へ義援金を贈呈 (7/23)
JRAによる被災地への追加支援――熊本地震 (7/23)
新冠でオグリキャップの七回忌法要 (7/17)
IBA青年部が社台グループのセール上場馬視察研修 (7/17)
売却総額&平均価格レコード、セレクトセール2016 (7/17)
エイシンヒカリ首位キープ (7/15)
名馬の訃報相次ぐ、マーベラスサンデー… (7/10)
トピックス一覧