ホームページTOPへ


マイル王サダムパテックが韓国へ輸出
2016年 1月17日 18時31分
2012年のマイルチャンピオンシップ優勝馬で、昨シーズンから新冠町の優駿スタリオンステーションに繋養されていたサダムパテック(牡8歳、父フジキセキ)が、今シーズンから韓国で種牡馬生活に入ることが決まり1月11日、輸出検疫のため白老町のJBBA日本軽種馬協会胆振輸出検疫施設へ移動した。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

最新トピックス

2017ヤングジョッキーズシリーズ・ファイナルラウンドの実施概要が変更 (7/26)
スマイルトゥモローが死ぬ (7/26)
売却率8割超え、北海道市場「HBAセレクションセール」 (7/23)
HBA軽種馬販売情報誌『Currere(クレレ)Vol.26』発刊 (7/23)
JRAの戸崎騎手が浦河で交流、BTC利用者振興会 (7/23)
モーリス、ミッキーアイル、リアルインパクトが豪州へシャトル (7/23)
日本騎手クラブが福島県に寄附金を贈呈 (7/22)
モルトアレグロが出走取消――函館2歳S (7/22)
トピックス一覧