ホームページTOPへ


マイル王サダムパテックが韓国へ輸出
2016年 1月17日 18時31分
2012年のマイルチャンピオンシップ優勝馬で、昨シーズンから新冠町の優駿スタリオンステーションに繋養されていたサダムパテック(牡8歳、父フジキセキ)が、今シーズンから韓国で種牡馬生活に入ることが決まり1月11日、輸出検疫のため白老町のJBBA日本軽種馬協会胆振輸出検疫施設へ移動した。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

最新トピックス

ポールヴァンドル秋華賞へ (9/20)
ドゥラメンテ284頭、社台SSが2017年シーズン種付頭数を発表 (9/18)
ステイゴールドがJRA重賞83勝、歴代単独7位に (9/18)
ロードカナロアの所縁の地を見学、三石青年部レディースツアー (9/18)
フットケアを相互理解、JBBAワークショップ開催 (9/18)
労務管理や雇用管理を講演、JBBA担い手研修が開催 (9/18)
丹内騎手が16日間の騎乗停止に (9/18)
17日の中山・阪神競馬および18日のセントライト記念の夜間発売取りやめ (9/16)
トピックス一覧