ホームページTOPへ


マイル王サダムパテックが韓国へ輸出
2016年 1月17日 18時31分
2012年のマイルチャンピオンシップ優勝馬で、昨シーズンから新冠町の優駿スタリオンステーションに繋養されていたサダムパテック(牡8歳、父フジキセキ)が、今シーズンから韓国で種牡馬生活に入ることが決まり1月11日、輸出検疫のため白老町のJBBA日本軽種馬協会胆振輸出検疫施設へ移動した。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

最新トピックス

マカヒキがニエル賞に登録 (8/25)
ニッポーテイオーが大往生、マイルの帝王 (8/21)
JFA装蹄教育センターが北海道研修 (8/21)
BOKUJOB「夏休み牧場で働こう体験会」、16名が牧場でインターン (8/21)
TCK特別区競馬組合議会が馬産地を視察 (8/21)
ディープインパクトがJRA通算1200勝達成 (8/21)
門別競馬場で「シュエット・ジュマン・フェス」、発売金額レコード更新 (8/21)
札幌記念のベストターンドアウト賞はモーリス陣営 (8/21)
WIN5で4億円! (8/21)
韓国遠征馬4頭は1日に出国 (8/21)
トピックス一覧