ホームページTOPへ


マイル王サダムパテックが韓国へ輸出
2016年 1月17日 18時31分
2012年のマイルチャンピオンシップ優勝馬で、昨シーズンから新冠町の優駿スタリオンステーションに繋養されていたサダムパテック(牡8歳、父フジキセキ)が、今シーズンから韓国で種牡馬生活に入ることが決まり1月11日、輸出検疫のため白老町のJBBA日本軽種馬協会胆振輸出検疫施設へ移動した。

※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

最新トピックス

「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」の最終結果 (2/18)
ブリザードが高松宮記念に選出 (2/16)
ブリザードが高松宮記念に予備登録 (2/15)
2018オーストラリア「ザ・チャンピオンシップス」諸競走に日本馬が予備登録 (2/15)
キタサンブラックお披露目に700名、社台SS種牡馬展示会 (2/14)
『スタリオンレヴュー2018』発刊 (2/14)
日高地区で軽種馬生産振興会総会、始まる (2/14)
シルバーステート公開、新冠で種牡馬展示会 (2/14)
トピックス一覧