ホームページTOPへ


キタサンブラックが年内の有馬記念をもって引退
2017年10月20日 11時13分
キタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久厩舎)の今後の予定について、清水久詞調教師が以下の通り発表を行った。
清水久師:キタサンブラックは、オーナーと協議した結果、年内の天皇賞(秋)、ジャパンC、有馬記念の3走をもって引退することになりました。ファンが多い馬で惜しまれる声もあるかもしれませんが、元気なうちに次の大きな仕事として、社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることとなります。これまでたくさんのご声援ありがとうございます。残り3戦を悔いのない仕上げで挑み、キタサンブラックの元気な姿をファンの皆様にお見せしたいと思います。

最新トピックス

「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」の最終結果 (2/18)
ブリザードが高松宮記念に選出 (2/16)
ブリザードが高松宮記念に予備登録 (2/15)
2018オーストラリア「ザ・チャンピオンシップス」諸競走に日本馬が予備登録 (2/15)
キタサンブラックお披露目に700名、社台SS種牡馬展示会 (2/14)
『スタリオンレヴュー2018』発刊 (2/14)
日高地区で軽種馬生産振興会総会、始まる (2/14)
シルバーステート公開、新冠で種牡馬展示会 (2/14)
トピックス一覧