ホームページTOPへ


菊花賞のベストターンドアウト賞はアルアイン陣営
2017年10月22日 15時57分
22日(日)の京都競馬場で行われた第78回菊花賞(G1)のパドックで、世界主要G1レースのパドックにおいて実施されている“もっとも美しく手入れされた馬を担当する厩舎スタッフ”の努力を称え表彰する「ベストターンドアウト賞」の審査が行われ、アルアインを担当した音瀬慎調教助手(池江寿厩舎所属)が受賞した。

最新トピックス

「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」の最終結果 (2/18)
ブリザードが高松宮記念に選出 (2/16)
ブリザードが高松宮記念に予備登録 (2/15)
2018オーストラリア「ザ・チャンピオンシップス」諸競走に日本馬が予備登録 (2/15)
キタサンブラックお披露目に700名、社台SS種牡馬展示会 (2/14)
『スタリオンレヴュー2018』発刊 (2/14)
日高地区で軽種馬生産振興会総会、始まる (2/14)
シルバーステート公開、新冠で種牡馬展示会 (2/14)
トピックス一覧