ホームページTOPへ


菊花賞のベストターンドアウト賞はアルアイン陣営
2017年10月22日 15時57分
22日(日)の京都競馬場で行われた第78回菊花賞(G1)のパドックで、世界主要G1レースのパドックにおいて実施されている“もっとも美しく手入れされた馬を担当する厩舎スタッフ”の努力を称え表彰する「ベストターンドアウト賞」の審査が行われ、アルアインを担当した音瀬慎調教助手(池江寿厩舎所属)が受賞した。

最新トピックス

1位はキタサンブラック――有馬記念ファン投票第1回中間発表 (11/23)
日本馬8頭の出国日程――香港国際競走 (11/23)
香港国際競走4競走の勝馬投票券を発売 (11/23)
日本馬8頭が招待受諾――香港国際競走 (11/23)
阪神JFの海外登録馬は選出されず (11/22)
牧田和弥調教師がJRA通算100勝を達成 (11/22)
2017ホッカイドウ競馬閉幕、2年連続200億円突破 (11/22)
ロードカナロアが12週連続JRA勝利 (11/22)
トーセンスターダムが豪GⅠ2勝目 (11/22)
ダーレージャパンがアメリカンペイトリオット導入 (11/22)
トピックス一覧