ホームページTOPへ


菊花賞のベストターンドアウト賞はアルアイン陣営
2017年10月22日 15時57分
22日(日)の京都競馬場で行われた第78回菊花賞(G1)のパドックで、世界主要G1レースのパドックにおいて実施されている“もっとも美しく手入れされた馬を担当する厩舎スタッフ”の努力を称え表彰する「ベストターンドアウト賞」の審査が行われ、アルアインを担当した音瀬慎調教助手(池江寿厩舎所属)が受賞した。

最新トピックス

ロードカナロアが顕彰馬に (6/13)
1位はサトノダイヤモンド――宝塚記念ファン投票最終結果発表 (6/7)
香港のワーザーが来日――宝塚記念 (6/7)
1歳243頭、当歳238頭、「セレクトセール2018」上場馬決定 (6/6)
ゴスホークケンが急死、JRA2歳王者 (6/6)
「レディースツアー」参加者募集開始(三石青年部) (6/6)
トピックス一覧